××で始まるエトセトラ

何かを始めるときはきっかけがあるもの・・・。 人の考えはそれぞれ、いろんな意見交換しましょう!

--年--月--日(--) --:--:--
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2005年07月31日(日) 23:50:58
 笑の大学

久しぶりに映画をば。
#っていうか、最近ダーツか映画かのどちらかだね(^^;

今回見たのは「笑の大学」。三谷幸喜脚本の最新作!?です。
といっても、2004年なので他にも劇作とかも脚本やってるから、
すでに最新作ではなくなってると思うけど。

「12人の優しい日本人」とか「ラジオの時間」とか・・・。
結構いい作品作ってるのを知っていたので、
しかも今回は「笑の大学」とあっちゃぁ、「ラジオの時間」なみに
笑わしてもらえるんだろうなぁっと勝手に思ってました。
でも、そんなことはない。おれにとっては結構シリアスに感じたよ。

50年以上前になるんでしょうか。太平洋戦争時代の日本が舞台。
芝居の脚本検閲官の役所広司と劇作家の稲垣吾郎のやり取り。
もちろん、この二人のやり取りで笑える、
というかクスッとくるものはところどころではあったんだけど、
検閲官の無理難題に真摯に応えようとする劇作家。
その応え方がなんかけなげで、真剣で感動してしまいました。
#当時はああいう生き方がパワフルな人はいっぱいいたのかなぁ。
検閲官も初めは笑いどころか芝居がキライとかいって、
作家たちが提出する脚本をことごとくリズムに乗って
「不許可」を出しまくってたけど、
いつのまにか芝居の中にのめりこみ、「笑」に目覚めていく。
しまいには二人ですばらしい喜劇を作りあげる・・・。
ただ、その作った喜劇は上演されることはできない。
作家であり、演出家であるゴローちゃんに赤紙がきたから・・・。

「お国のために、なんて思わなくていい。
 生きて・・・生きて帰って来い!!」


最後の役所広司の言葉が良かったです。
その理由も含めてね( ̄▽ ̄♪
#理由知りたかったら見ましょう!!

ちなみに、三谷幸喜作品でいつも楽しみなのが
チョット出で出てくる豪華俳優陣のみなさま。
ラジオの時間でもあったので、絶対今回もあるっ!って
目を凝らして見ておりました。(おっ!これぞまさに凝♪)

小松政夫、石井トミコ、木梨憲武、加藤あい、木村多江、八嶋智人。
っていうか、加藤あいがどこで出てきたか思い出せません。
ビヤホールの女将って・・・。
次の作品も楽しみです。

スポンサーサイト
  1. 2005/07/31(日) 23:50:58|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2005年07月25日(月) 23:56:17
 スターウォーズ3-シスの復讐-

え~っとネタばれしない程度にね・・・。

今回は6シリーズの中で泣ける、というか悲しい物語になってる
ような気がしやす。
やっぱね、ダースベーダーになる経緯をあのスクリーン!?で
ど~んと全部見せられるわけですから・・・。

基本、スターウォーズはテレビの吹き替えで見る程度だったんすけど、
なぜかやっぱ最終ってこともあるのか、
ただ、ミーハーなだけなのか分からないけど、見ちゃいました。

言わなくても分かってらっしゃる方も居るとは思いますが、
1~3でやっぱり映像技術はスゴイもんすね?
デジタル効果のスゴさを存分に味わいました。
#まぁ、これだけでも見る価値はあると思います。

今回のメインはなんと言ってもダースベーダーになるまでの経緯。
気持ちや信じるものズレでこんなにも物語は残酷になるのかな~と
改めて感じました。
#思わずオーバーラップしそうです( ̄▽ ̄;)!!ガーン
いやぁ、ナタリー・ポートマン演技めちゃうまくなりましたねぇ。
あの泣き方見たら思わず抱きしめちゃいそうです(。・m・)クスクス

この間コウヘイさんがレビュー書いてたんですけど、
ホントマジでまた4~6を続けて見たくなりますね。
それほどつながっていなかった点と点がきちんと線になるのを
味わえた映画でした。

皆さんもぜひ見てください。
DVD借りに走りたくなること必至です。

ところで、ヨーダの動きが作を重ねるごとに、
トコトン良くなってる気がするのはおれだけですか?
ホント、あんな強いバケモン絶対そばに居て守って欲しいです。
ルークがいい青年になるまでの20年で
ヨーダがまともに動けなくなる何があったのか?
外伝でやれ!ぜひやれ!そらやれ!
  1. 2005/07/25(月) 23:56:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2005年07月24日(日) 03:44:50
 あずみ2をなぜか見た・・・

いや~、あまりにダーツの結果がシドイので( ̄▽ ̄;)!!ガーン
#フォーム変えてからもうヒドイヒドイ・・・。
今日はこんなネタでございます。

わたくし、映画を見ちゃるぞぉ、と決めて見ないと、
なかなか見ないタチでして・・・。
しかも、PCで見ようとすると、
「いつでも見れるさ~ヽ( ´ー`)ノフッ」
と思うと、いつまで経っても見ないのです。

なので、今日はなかば強引に「あずみ2」を見ました。
な~ぜ~?分かりません。
ホント、他にも「taxi3」とか「スーパーサイズミー」とかあるんだけどね(^^;
まぁ、とにかく見たんださぁ~。

ん~、ちょっと拍子抜けでしたε=( ̄。 ̄;)フゥ
なんか、前ほどの緊張感も味わえなかったし、
キャラは多数出演してるのだが、それほど濃いというか
面白味も感じなかったし・・・。
前回のキャラのほうが数段良かった気がするが・・・。はて?

メインのシーンはいったいドコ?
前回なら100人斬りとかオダギリジョーとの一騎打ちとか
それなりに見れるシーンはあったと思うんだけど、
今回は栗山千明も出てるということだったので、
演技に期待してたのだが、さらっと死んだしね・・・。
栗山千明の使い方ならタランティーノのほうが数段イイね。
#KILL BILLのGOGO夕張のインパクトのほうがスゴかった。

う~ん、不評でしたね、今回は。
ってもうあずみ3はないだろうから終了か・・・。
上戸彩よ、今度はCMで頑張れ!

#なんで高島礼子のときだけ別にいらないんじゃないっていう
#映像技術を使ったのかわからない。
#高島礼子の動きをかなり早くするっていう・・・
#あれはなぜ?未だに分からん。

  1. 2005/07/24(日) 03:44:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年07月04日(月) 01:17:55
 今、暴走します。

かる~く肩ならし程度に・・・。

竹内結子中村師童のゴールイン♪作品ですな。
おれは正直そういうゆかりのある作品は嫌いじゃないけど、
好きな女優となれば話はベツ避けてました。
意を決して日曜の朝6時から観てました(笑)

雨の降る梅雨のときだけお母さんに会える・・・。
お母さんは実は未来を見据えて会いにきてくれるんです。

そばに居るだけで幸せでした、なんて
自分も愛する女性に言ってもらいたいもんですなぁ・・・。

どうして現在に至るのかを断片的に描画し、
それを夫、妻の側面からパズルを組み立てるように
話が進んでいくという点はよかったと思います。

気になる映画、気に入った映画


いま、会いにゆきます スタンダード・エディション


と、映画評論はココまで。

(;`O´)oコラー!やっぱり納得いかん。
おれのアイドル竹内結子はどこで師童に落ちたんじゃぁ。
ココかぁ?ココかぁ!?ココかぁ!!!!

映画でも、実生活でも師童はイイトコ取りじゃないかぁ。

20代の何も知らん娘が母親、妻と言われ、
30代(後半だと思う)の師童に実際に恋愛する。
っていうか、ありえね~。
タイムスリップのオチがなけりゃ不倫と軟禁じゃん?

ましてや、めっちゃカワイイ竹内結子と結婚するだぁ?
しかも、オメデタだぁ??映画以上にすすんでるじゃないかよぉ。

はぁ、私情入ると映画評論できません。
前半だけ読んで終わってください・・・m(_ _)m

  1. 2005/07/04(月) 01:17:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。