××で始まるエトセトラ

何かを始めるときはきっかけがあるもの・・・。 人の考えはそれぞれ、いろんな意見交換しましょう!

--年--月--日(--) --:--:--
 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2005年12月05日(月) 22:50:09
 郷愁に浸ってみた。

仙台でも雪が降りました。
俗に言う濡れ雪ですね。スニーカーがびちょびちょです。

年を重ねるごとに雪に対する情熱は薄れ、
今となっては雪はクリスマスとスキー場にだけ
集中すればいいと思ってます。
#寒くてかなわん。光熱費でどんだけかかると思ってやがる。

思えば昔、雪が積もるのが待ち遠しい少年がおりました。
当時は温暖化現象などという言葉もなく
地元では12月になれば景色も白く化粧され・・・。
短い期間にもかかわらず冬休みを首長くして待っていたものです。

少年は小学校に10分とかからない場所に住んでいました。
ただ、冬になると登校時間が倍以上に増えてしまいます。
500~600mしか離れていないにもかかわらずです。

なぜか?

そう、当時体育必修「スキー」の持ち運びで遅れるのです。
130cmにも満たない小坊主にとって、
成長を期待され分不相応にも150cm以上のスキーを
豪雪の中持ち歩くことは苦痛でした。
非力な坊やは少ない脳みそで考え、
スキーを履いて登校という活路を見出し、
20分の苦痛の登校から着脱も含め10分という登校に昇華しました。
#高学年に進むにつれ体力が付き、記録は更新されます(笑)
少年はそれ以来冬がツライと思ったことはありません。

スキーといえば・・・。
豪雪地帯出身のみなさんは承知だとは思いますが、
昔は平気であったんですよ、自宅の屋根からスキー。
当時は2mなんて平気で振りましたからね、街中でも。
少年時代は、冬になればどこでも遊び場だったんですね。
#夏もそうだけどさ。

あの日に帰りたいとはあまり思ったことはないですが、
少年時代とはかくも懐かしく感じるものですな。
今は、ゴォゴォに焚いた暖炉の前で毛布にくるまりながら
現実逃避したい、そんな寒い日々をすごしてます。

あ、灯油買いに行かにゃ。高いんだよなぁ・・・。
そろそろ、エアコンだけじゃしんどくなってきた(>_<;
スポンサーサイト
  1. 2005/12/05(月) 22:50:09|
  2. ふるさと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2005年08月19日(金) 01:59:35
 バーべQ~麻雀/14日


我が家族は親戚の家へ赴くのは夏恒例の行事である。
行って何かすることがあるのか、といえば特に何もないのではあるが
必ず仕事とか緊急の用でもないかぎり集合するのだ。
#まぁ、どこの家もそういうのあるとは思うけど。

うちは母方のじいちゃん家に集まる。
場所は東津軽郡平舘村、あらため、外が浜町平舘。
吸収合併されて町になっているが、閑静な片田舎である。
#場所はやすけが行った竜飛、三厩下にあるのですぜ。
タバコを買いに行くにも、車で10分かかるのだ(TT;
#今回、それを経験して不便さを痛感したぁ。

いつからか始まったのか夏恒例として母方の家族ほぼ全員集合し、
海岸でバーべQを行うようになった。
目の前が海、後ろが山というある意味恵まれた環境だから
自然資源には苦労したことがないのだ。
薪?近くの家から拝借~♪
テント?そんなもん即席で作っちゃうもんね♪
と、できてみたらこんな感じなのさ。↓

こりがテント 釣れますた、河豚がぁ~


去年は諸都合できちんと行けなかったのだが、
従兄弟の成長ぶりにびっくりさせられることはこの上ない。
この親戚一同の中で従兄弟郡の最も古株なのはおれ。
お袋の弟の次女が来年めでたく就職を迎え、
お袋の妹のガキんちょどもが兄弟そろってたくましく育つなど。
男で一番上という威厳を保てなくなる危機感を味わう。
や、やべぇよ、おれ。

まぁ、楽しく過ごさしてもらいました。イエイ。

ホントは対岸に鯨(鯛)島というくじらの形に見える島が
ソコから見えるのですが、やませ空けたばっかで
はっきり見えませんでした。今度、ぜひ写真で公開したいです。
⇒“バーべQ~麻雀/14日”の続きを読む・・・
  1. 2005/08/19(金) 01:59:35|
  2. ふるさと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2005年07月25日(月) 00:48:57
 ねぶた秘話

えっと、久しぶりにふるさとのお話。

わたくし、中学時代まで青森市の長島というトコに住んでおりました。
青森市の中心部にあるのですが、
当時は(っていうか今も)青森市は過疎化が進んでおり、
結構さびれた雰囲気をかもし出している町に当時は住んでました。

その当時のおはなし。

中心部ですからね~。こんな特権!?もありました。

1.実はおれの住んだトコから1歩外出れば、
  アスパム(※)が見えました(笑)
  アスパムから1km歩いたところに実際におれは住んでました。

 ※アスパム:青森市のど真ん中の三角の建物で有名ですね。
   ちなみに、確か正式名称は青森市観光物産館だった気がする。
   青森EXPO'88(9?)のときにできたはず。(超懐)

2.ねぶたで当時一番満足できる観覧場所といえば、
  4号沿いにある消防署前だったんです。
  ただ、地元民が確実にアソコを独占している事実があります。
  (多分、今も)
  観光客がツアーで見れる観覧席は県庁側ですが、
  実はアソコはカスみたいな場所なんです。

  なぜって?

  あそこら辺は青森市の県庁沿い、概観を良くするためなのか
  木が植えられているんで、
  ねぶたの絵の部分の和紙が引っ掛けて破れないよう
  あんまりねぶた近づかないんです。
  ところが、一方の消防署前では邪魔な電柱もない。
  (東北電力さま感謝!)
  ましてや、木も植えられてない。
  黙っててもねぶたが近距離1、2mのところまで来てくれるんです。
  ねぶたにとっても、地元民にとってもベストポジションだったわけです。
  #ちなみに、当時は審査員席も県庁前だったので、
  #ねぶたの名称とかもきちんとわかるアナウンスも聞こえました。
  #歴史がそのまま絵になってるので、もう一種のトリビアっすね。
  #へぇ~ボタンが欲しくなります(笑)

3.熱気と賞賛で最高潮の盛り上がり。(余談)
  特権とは関係ありませぬが・・・。(・・)シーン

  ねぶたがきちんと盛り上がる時期っていつだか皆さん知ってます?
  8月2日~7日までの5日間で行われるわけですが、
  やっぱり最終日前の3日間になるんです。
  実際、30弱くらいの大型ねぶたを出陣する団体があるなか
  25団体以上出陣するのがその5日くらいじゃないかな?
  しかも、審査も終わり、賞の付いた額ものっけて、
  意気揚々とねぶたが出陣してくるのが5日からなわけです。

  じゃぁ、前の3日間は何なの?そう思うでしょう?
  ねぶたって大中小って型があって、小中がメインなのが前半です。
  子供のとき、観光客が中型ねぶたを見て
   「うわぁ~、おおっきいネぇ~!!」
  と言ってたのを見て「ふぅん、後で度肝ぬかすんだろうなぁ」と
  思ってたら、
  大型ねぶた見て「・・・」ホントに度肝抜かしてたので、
  子供ながらに「へへぇん、見たかぁ~」と
  自分のものでもないのに得意げになってたことはあります。

まぁ、こんな感じです。中心部に住んでて、いくら過疎化してても
ガキのころはパラダイスでしたね。
図工の宿題なんて、ねぶた描けばOKだからモチーフには困らないし。

ねぶた、今年ももうすぐ始まります。
行きたいんですけど、多分仕事だから行けないでしょうね。
誰かどんな感じだったか教えてください。m(_ _)m
カラス(※)今年はどれくらい出るかなぁ。

#ちなみに、現在の実家にある特権!?は
#青森三内丸山遺跡から歩いて15分のところに家があるってこと。
#でも、行ったことなし。(苦笑)

※ねぶたの衣装ってのはきっちり決まってて、
 その衣装を着ずに黒い衣装とかで出てくるヤンキーたちを総称して
 「黒い衣装」からカラスと読んでいます。
 ちなみに、白い衣装(特攻服とか)だと白鳥。
 ピンク色だとフラミンゴっていいます。
 鳥に見立ててるからスゴイよね、飛びゃしないのにさ。
  1. 2005/07/25(月) 00:48:57|
  2. ふるさと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年07月12日(火) 23:58:51
 ふわふわ祭りじゃ~♪

久しぶりにふるさと青森のこと。

みなさん青森のお祭りっていえばやっぱねぶたですよね?
結構、ねぶたとねぷたの違いわかんない人っているんだって
コッチ来てから驚いた時期もありました(^^;
まぁ、直に見てるわけではないから分からないというのも
当然といえば当然だけど・・・。
#ちなみに・・・
# 青森市で行われる立体型人形を台車に乗せて引っ張って練り歩くのが「ねぶた」
# 弘前市で行われる扇形の平面絵を台車に乗せて引っ張って練り歩くのが「ねぷた」
#です。
#平面絵か、立体型かの違いに着目しまひょぅ♪

-----

皆さんは夜店、夏祭り。いろいろ町内とかのお祭りあるかと
思うのですが、行ったことないって人は居ないと思います。
ガキんころはこのお祭りっちゅうイベントは殊に楽しみで
前の日の夜からワクワクしてたもんです。

何が楽しみ?そりゃもちろん屋台でしょう。
そんなガキのころに神社にお参り行くからなんて理由で
めっちゃ楽しみなわけないじゃないですか?
#大人の花見と似たようなもんです。
りんご飴、焼きとうもろこし、たこ焼、お好み焼き、焼きそば、
おれの場合は食べ物専門でした(^^;
射的、ヨーヨー、スーパーボール・金魚すくいもやったことない
わけじゃないけど、どうしてもね・・・。
#空腹で行くから目もくれない≧(´▽`)≦アハハハ
ヒーローもののわた飴の袋持ち歩くのが
子供のステータスだったころが懐かしいっすね。

⇒“ふわふわ祭りじゃ~♪”の続きを読む・・・
  1. 2005/07/12(火) 23:58:51|
  2. ふるさと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。